漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自主避難旅行と正常性バイアス
2011年03月15日 (火) | 編集 |
300年に一度?の大地震が起こりました。

東北地方太平洋沖地震。テレビで被災地の様子を日々見ておりますが、大変胸が痛みます。

余震もまだ続いていますし、福島の原発もどうなるかわからず不安です。

とりあえず、親戚縁者の無事は確認できましたが、ライフラインが止まって不自由をしている様子でした。

うちは小樽で海にとても近いので、津波が心配でした。12日の早朝には、小樽にも津波注意報が出ていました。

私はこの日AM4時ごろ起きたので、早速家族の荷物をトランクに詰め、車に積んで、インターネットで山の上にある宿を予約し、急遽外出の準備をしました。津波を逃れるため、山に避難しようと思ったからです。

ダンナさんを6時に起こし、「山に行くから支度して」と言うと、ダンナ「いや~、俺、会社あるから」なんて言うではありませんか!
ダンナの会社は海のそば、怒りましたよ私。「あんたねー、300年に一度の大震災だっていう時に、正常性バイアス働かせてどうするのよ!セプテンバーイレブンの時どうだったか思い出してみなよ。韓国地下鉄火災だって、正常性バイアス働かせた人は皆死んでるんだよ。あんた死にたいの!?」と怒り狂う妻に、ダンナもしぶしぶ「わかった、一緒に行くよ」と、旅行の準備を始めたわけです。

というわけで、急遽、週末2泊3日、家族でキロロスノーワールドへ。名前からもわかるように、スキー場にあるホテルです。事情をわかっていない娘達は、「わーいお泊りだー」とおおはしゃぎ、温泉に入り、キッズパークでそりすべりを楽しみ、レストランでおいしいものを食べ、ご機嫌。普通の温泉旅行と相成りました。

にしても、車で30分のキロロに泊まることになるとは。でもまあ、今回のことで、避難訓練にはなったかな、と思います。津波警報はその後すぐに津波注意報に変わり、13日日はそれも解除されました。結局何もなく済んで、ホッとしています。

とはいえ、いつ又津波地震が起こるともわかりません。日ごろの注意は怠らないようにしたいと思います。

というわけで、正常性バイアスの話を少し。

人間は、どうやら「日常の風景が変わるハズが無い、変わりたくない。」と考える生き物らしいのです。

なので、非常事態の時でさえ、「自分の身に災害が降りかかるハズが無い」「何かの間違いだ」という意識が働くそうです。そして、そこに同調性が加わる。「周りの人も避難していないし、皆も騒いでいないのに、自分だけ慌てるのはカッコ悪いだろう、おかしいだろう。」と。

かの有名な二つの事故。セプテンバーイレブンと韓国地下鉄火災。セプテンバーイレブンでは、飛行機がビルに激突してから、ビルが崩壊するまでに確か30分くらい時間があったはずです。(うろ覚えなので間違ってたら済みません)韓国の地下鉄でも、火災が発生して煙が車内に充満するまで、10分くらいはあったはず。

その間に逃げていれば、相当数の人命が助かったはずです。なのに、人々は逃げなかった。何もせずに、命を落とした人が多かった。なぜ? 

そういうのを、正常性バイアスというそうです。そこで、「危険だ!一緒にドアを壊そう。皆逃げよう!」と大声を出して、カバンで窓ガラスを叩き割り、地下鉄から逃げ出したグループは助かった。「本社の指示を仰いでから」と電話を待って、ワールドトレードセンターに座り続けたサラリーマン達は、命を落とした。というわけです。

そんな時に、まじめで普通の人たちは命を落とし、偏屈と言われようとも「自分は助かる。人がどうでも自分だけは逃げる!」という、ある意味自分勝手で不真面目な?人間は助かったわけです。

私は不真面目で自分勝手な人間ですので、こういう時は「会社が首になっても命が大事」と考えるほうです。なので、積極的に「逃げよう!私は逃げる!」と大声を出して、窓ガラスを叩き割る勇気を持ち、行動に出ようと思っています。
テーマ:家族でお出かけ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
行き先が なんとなし
りみさんらしいね(笑)

うちは燃料もないので どこにも行けず
明日は歩いてお墓参りだね~と
言っています

ふだんの連休ならば間違いなく山行きですが
燃料の確保が安定的にできるまで
遠出は無理ですね

まぁ 家でのんびりも 良いものです
安全でさえあれば(笑)
2011/03/19(Sat) 18:29 | URL  | たぬちゃん #g7Hlcesk[ 編集]
たぬちゃんへ
たぬちゃんも無事そうですね。よかった(^_^)。

都内では、買占めが起きていて、実家の母も「スーパーに行っても何もない」と嘆いていました。

私が思うに、パニック買いなんじゃないかと・・・。オイルショックの時に、店頭からトイレットペーパーが消えたようなものですかねぇ。幸い、実家では、あるもので何とかしのいでいるようです。

小樽でも、ガソリンは1人20リットルまでという規制が掛かっています。改めて日ごろの備えの大切さを考えさせられます。
2011/03/22(Tue) 05:49 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。