漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪循環
2010年09月16日 (木) | 編集 |
子供と食事についての、ある本を読みました。タイトルは伏せておきますが。

ちょっと極論っぽい本でしたが、なるほど思う点もありました。

この本によると、子供に清涼飲料水や牛乳を飲ませることについて、清涼飲料水に含まれる砂糖や単糖類には習慣性があり、しかもそれを飲むことによって、ごはんが食べられなくなるという弊害があるそうです。ご飯はゆっくり血糖が上がり緩やかに下降するのに対し、砂糖だと血糖が急激に上がって長持ちしないので、途中でガス欠?になって、子供の集中力とやる気が無くなるというようなことが書いてありました。

我が家では、1日2回コップ2杯ほどは、生ジュースとポカリ(またはカルピス)をあげていたので、保育園の昼食に必ず牛乳が付くことを考えると、3回もカロリーのある飲み物を飲んでいることになります。そのせいで、おなかがすかずに、小食になっているのかなーと思い当たりました。

本のとおりに生ジュースまで制限する必要は無いと思うけど、寝る前にカルピスやポカリを与えるのはやめて、せめて麦茶に黒糖を溶かしたものくらいにしようと思いました。

また、この本では一日3食は主食をご飯にして、おかずは和食(揚げ物はダメ)で味噌汁を付ける、オヤツはおにぎりか芋にするように、勧められていました。さすがに、3食米と和食となると、ダンナからも苦情が出そうだし、作るほうも大変なので、それは実行しませんが、朝は米(パンやパスタ、うどんではなく)で味噌汁を付けるというのと、脂肪分を控えるというのは気にして実行しようと思いました。

ある小学生の子供は、遅寝遅起きの習慣になってしまっていて、朝遅く起きるために食欲がわかず朝は余り食べず、午前中をボーッとしてすごし、夕方には眠くなるのでつい仮眠をしてしまい、仮眠のせいで今度は夜更かし。夜間におなかがすき、ジュースとポテチをつまみ食い。寝るのは11時過ぎ、で朝はまた起きられず....という、悪循環に陥っていたそうです。

何だか人事ではない気がします。保育園では午後必ずお昼寝を2時間ほどするのですけど、2時間のお昼寝は5歳6歳児ともなると、長すぎる気がします。そのせいで宵っ張りの朝寝坊になりがちだし、せめて1時間にならないものかと思いますが、言っても仕方ないですね。で、小学生になると、突然お昼寝が無くなるというのも、何だかなーと思います。小学生でも(大人でも)、一番眠い時間帯の午後2時頃に30分くらいの仮眠タイムがあったほうが、かえって勉強や仕事もはかどるのではないでしょうか。私がもし会社の経営者ならば、午後30分間の仮眠タイムを導入します。

まぁ、そんな話はともかく、食事と飲み物と寝る時間、起きる時間には、密接なかかわりがあって、親としてはそこらへんを管理して、上手に決まった時間に食事と睡眠を取れるように導いてあげることが、子供を健康なよい子に育てるコツなんだろうなと思います。

現実として、我が家はそこらへんがちゃんと出来てません。早く寝かしつけても、「のど乾いた」「おしっこ」などと言い出して、結局10時ごろに寝たり、ある朝は5時起きしたかと思うと、次の朝は7時起きだったり。理想は、夜9時にきっちり寝て、朝6時にきっちり起きることなのですが、なかなかそうも行きません。特に、朝の寝起きが悪い、うちの子供達。無理やり起こすと、グズグズで、ママもすごいストレスです。

寝る前の飲み物でも、すっかり甘いものを取る習慣がついてしまい、麦茶を与えると次女のナスビちゃん(2歳2ヶ月)は怒って放り投げます。「カルピスをくれ」と訴えているようです。そんな子供達の不機嫌につい負けて、甘やかしがちだった私。反省してます(@_@;)。

鬼母なんて言葉がありますが、ここは一つ鬼になって、寝る前の清涼飲料水の禁止と早起きさせることを徹底させなきゃいかんなーと思っています。

テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。