漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルメイト
2010年08月03日 (火) | 編集 |
今回はスピリチュアルな話です。

飯田史彦という人が書いた「生きがいの創造」という本。先日アマゾン通販で買って読みました。実はこの本、学生の時に友達に借りて読んだことがあります。もう一度読みたくなって、購入しました。

赤ちゃんはどこから来たのでしょう。精子と卵子が結合して云々という話ではありません。赤ちゃんの魂(たましい)がどこからやってきたかという話です。この本によると、人間の魂は輪廻を繰り返していて、この世とあの世を行ったりきたりしているそうです。

あの世のことを、この本の呼び方では「中間生」といいます。死んだ人間の魂は、「中間生」の世界に行ったあと、次の生まれ変わりの機会を待っていて、自らが親を選んで母親の胎内に入り込むのだそうです。その時期は大体、妊娠3ヶ月頃から出産直前の間だそうです。

こうしたことがどうして解ったのかといえば、学者達による退行催眠をして、被験者の生前(前世)の記憶を呼び起こすことでわかったそうです。

退行催眠により、前世で自分がどこの国の誰であり、どんな仕事をしていたのかとか、親兄弟の名前までわかるそうです。それで、不思議なことに前世でかかわりの深かった人達は、なぜか今の世界でも強いかかわりを持っていることが多く、前世で夫婦だったり親子だったりした二人は、次の人生でも親子だったり兄弟だったりすることが多いのだとか。そんな強いかかわりで結ばれた人をこの本では「ソウルメイト」と呼んでいます。

ソウルメイトは必ずしも良好な関係とは限りません。どの時代でも宿敵同士で、何度も殺し合っている様な関係のソウルメイトもいるそうです。お互い憎しみ合うという関係のソウルメイトなんですね。前世で自分が殺した相手が、次の生では自分の母親だったりすることもあるそうで、そんな親子だと前世からの影響をひきずり、「自分の子供なのになぜか愛せない、憎らしい」という感情になるそうです。

中間生でわざわざ、自分が殺した人間を母親に選んで、その胎内に入っていくなんて変だと思いますよね。でも、それが魂の修行だそうで、にくい相手をどれだけ愛せるかによって魂の練磨を行っているんだそうです。

どうりで世の中には、だめんずとの腐れ縁がどうしても切れない女性や、結ばれない不倫を続けるカップル(前世でかかわりが深かったのでそうなるらしい)、子供を虐待する親などが多いわけです。

どうしても愛せないような相手を許す、愛するというのは、本当に大変です。「憎い、嫌い」という気持ちにとらわれてしまいがちだからです。でも、そんな相手こそが、前世から強いかかわりを持ったソウルメイトで、お互いを高めあう存在なのかもしれません。それを思うと、愛念(周りを愛する気持ち)で生きることの大切さを思い知らされます。

荒唐無稽な話? そうかもしれません。でも、私はこの本が好きです。

今のダンナも、子供達もおなかの中のベビーも、皆ソウルメイトなんだと思うと愛おしさが増してきます。

この本を読むと、障がい児が生まれる理由や、早死にする子供の理由なんかも、独自の視点で書かれてあって、スゴク考えさせられます。

家族関係に悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい1冊です。
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
 この本、とても面白そうですね。
いま、自分が家族(母親)とうまくいかないのですぐにでも読みたいと思いました。

りみさんのブログでいっぱい教えてもらうことが多いです。その割にはあまりコメントしないでスミマセン。

追伸→ライデンメロンは本当に美味しいね。
さっぱりとした甘さがgooでした。職場の人に少しだけおすそ分けしましたが全員が☆3つ!の評価をつけたよ。
2010/08/03(Tue) 22:09 | URL  | ゆず #-[ 編集]
ゆずさんへ
コメントありがとう(^_^)。

生きがいの創造。面白いので、ぜひ読んでみて下さいね。

らいでんメロン喜んで頂けて良かったです。このメロンは糖度センサーを使って、糖度を計ってから出荷しているので、ハズレが無いんですよ~。
2010/08/04(Wed) 00:36 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
実は私、「生きがい」3部作(?)持ってます。
数年前に知人に勧められて、3部作ともう一冊を買いました。
「こういうこともあるのかもな~」と思いながら読んだのですが、今回の記事を読み、時間があればまた読みたいと思いました。今が読むべきタイミングのような気がしました。
2010/08/04(Wed) 20:44 | URL  | マカロン #-[ 編集]
マカロンさんへ
何だか不思議な本ですよね~。こういう話をインチキだとか、荒唐無稽だとか言う人も多いと思いますが、人の縁って偶然じゃない繋がりがあるのではないかと、私は信じたいです。

3部作だったんですかー。続きをアマゾンで買いたいなーと思っていた所です。早速探してみます。
2010/08/05(Thu) 01:11 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。