漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格だし、その後
2010年07月17日 (土) | 編集 |
本格だし(かつおと昆布)を取りはじめて数日。ダシの良さがちょっとだけわかってきたような気がします。

一番だし二番だしと分けるのは面倒なので、今は二番だしだけ作り、牛乳パックに保存しています。最初は、使い切れないかなーと思っていたダシ汁ですが、3~5日くらいで案外使い切ってしまうことがわかりました。麺類の季節なので、めんつゆによく使う他、味噌汁や煮物、炒め物にもちょっと入れたりします。味が濃くないので、洋風料理にも隠し味的に使えます。

料理研究家の丸元氏が言っていた、「ダシ(この場合は、科学調味料以外のもの)があると料理の味が決まる」というのが、ちょっと解った気がします。確かに、普通の肉じゃがや味噌汁が、「ほんだし」だけで作るよりもおいしい気がします。

邪道?ですが、私は手作り本格だしと、化学調味料の「ほんだし」や「すき焼きのたれ」を混ぜて使っちゃいます。どうも、手作りのダシだけだと、イマイチな感じなのです。混ぜて作ると、より味が複雑になって良い気がします。

丸元氏推奨の、洋風だし(鶏がらを使ったもの)にも興味が沸いてきました。でも、鶏がらってどこで買えるんだろう....。肉屋にわざわざ鶏がらを買いに行くのは、ちょっと勇気がいるかも....(*^。^*)・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。