漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
療育に一言
2010年07月03日 (土) | 編集 |
モンスターペアレントと思われそうですが、先日、愛ちゃん(現在3歳と11ヶ月)の言葉の教室(療育)の先生に、一言文句を言ってきました。

あまりに、スパルタ授業だったので、もう少し穏やかなやり方に変えてもらう為です。家では絶対やらないような、しかり方を療育の先生がするので、愛ちゃんはお教室の間中泣いてばかりだし、ママとしては可愛そうで仕方なかったのです。「子供が泣いてばかりいるお教室なら、子供の療育にはマイナスだから、やり方を変えてくれないならお教室は辞める」と言いました。

それで、和やかな教室へと変化。良かった(^^♪。

月に2回、一回につき2時間ほどの言葉の教室。ママ的には、療育として役立っているとはあまり思っていません。月に2回ちょこっと勉強したくらいで、改善するくらいの物分りの良い子供ならば、そもそも教室なんて行かなくても、日常生活の中で色々学んで自ら改善していくだろうし、それが無理なくらい重度の子供だったら、月に2回ちょこっと勉強したくらいでは焼け石に水であまり役立たない。なので、スパルタでお勉強する意味はあまり無いだろうと考えている私です。

言葉の教室は、回数が少ないのだし、子供が「行けば楽しいことがあるお教室」と思うくらいのもので丁度いい気がします。
かといって、子供を甘やかすのが良いと言っているわけではないのですけど....。

小学生になって授業が始まった時に、自分だけゲームをしたいからといって、教室から出て行ってゲームをする、みたいな子供になってしまったら、ちょっと困るなーとは思います。でも、私が小学校低学年の時には、そういう子供ってクラスに1~2人は必ずいたのを思いだします。今で言うと発達障害なんでしょうけど、当時はそんな言い方は無かったです。そういう子達は、大きくなって普通になっていく子と、さらに問題が表面化して特別クラスに向かう子供と分かれていったのです。

愛ちゃんがどんな風に成長するかはまだ解りませんが、見ていて思うのは、親が一生懸命やっても、限界はあるってことです。親が子供の成長を左右できるのは、せいぜい2割くらいで、あとの8割は自らの持つ力で、自力で伸びていく。親が子供をコントロール出来るものでは無いな~と。なので、自分の子供の性格や能力は、ある程度は宿命的なもので、親が変えようとしても無駄なんじゃないかと思います。むしろ、子供の素質や性格を無視して、親が無理やり変えようとすると、かえって歪んだ人格の人間を作り上げてしまう恐れを感じます。

自閉症と言われている愛ちゃんですが、他の子と比べると変わっているけど、陽気でお喋りで人懐っこい、愛される性格です。妹の面倒を見るのが好きで素敵なお姉ちゃんなので、今のまま変わらずに、愛ちゃんらしく成長していって欲しいです。

愛ちゃん、アカンベーポーズ

愛ちゃん にっこりポーズ




コメント
この記事へのコメント
No title
おお!愛ちゃん!!すごい笑顔満点じゃないですか~v
可愛いですね、このお顔が2時間泣き顔になると思うと親としては一言言いたい気分になるのわかります。
しかし、一言言っただけで和やかな雰囲気の教室に変わるんだったら、そこの先生もホントはスパルタは嫌だったのかも知れませんね?
先生のマニュアルがそういう作りなんでしょうか…。
2010/07/03(Sat) 07:46 | URL  | ぴーぼ #-[ 編集]
おはようございます(^O^)

愛ちゃんっていうんですね~かわいいp(^^)q

2時間かぁ 泣いてるのは可哀相ですよね

一言いってよかったですね。
それにしても 月二回というなら 少ないのかな
次にいったときは 前回のことをどこまで覚えているのか?

最近うちのちびっこも支援センター再開(場所かえた)したんだけど、家では やったことない(歌遊び おままごと 踊りなどイロイロ)から
固まりまくってます。
普段家の前の公園では 楽しく、追いつけないくらい散歩できるんですけね

臨月になり 追いつけないから 支援センターにいってるんですが、、体験したことないことが多いことに気づきました(^-^;

産後おちついたら また つれてってあげようかな、、、

愛ちゃんが 下のちびっこちゃんを ニコニコ遊んであげているのを想像して ほっこり笑顔になりましたo(^-^)o
2010/07/03(Sat) 07:59 | URL  | さおさお #-[ 編集]
No title
りみさん☆

こんにちはe-446

愛ちゃん、とっても可愛いですねe-349

陽気でお喋りで人懐っこい、愛される性格の愛ちゃん。
きっとりみさんの愛情をたっぷり受けてきたんでしょうね。
これからもカワイイ笑顔をいっぱい見せてくれるんでしょう。楽しみですねe-420
2010/07/03(Sat) 19:13 | URL  |  #-[ 編集]
No title
こんばんは^^。
愛ちゃん、可愛いですねv-10
目線もしっかりカメラに向いてて・・うちの子達のその頃の写真はどれもカメラに向いていませんでしたよ。
親が一生懸命やっていても限界がある・・私もそう思います、むしろ子供達の目線に自分が合わせて何を思い感じているのかを知ること、気持ちに共感する事が大切なんじゃないかと。教室も楽しくなければ通う意味がない・・和やかな教室になってよかったですね。楽しければ月に2回でも継続は力なり・・となるかもですよ。
2010/07/04(Sun) 00:23 | URL  | fightmama #-[ 編集]
ぴーぼさんへ
コメントありがとうございます(^^♪。

2時間ずっとではないけど、1時間位は泣いてばかりいるお教室でした。

でも、他の人に話を聞くと、結構自閉症児の療育って、そんな感じみたいです。うちの教室の先生も「特に厳しくしているつもりはない」と言っていたので、びっくりでした。

たぶん、自閉症の子って、言っても理解が遅い子が多いから、マニュアルが厳しい感じのものになっているのかもしれませんね。支援センターが配っている、子育てのマニュアルも、え?と思うことが書かれている時があります。行政の作るマニュアルがすべて正しいものとは限らないので、気をつけたいですね。
2010/07/04(Sun) 04:54 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
さおさおさんへ
コメントありがとうございます。

ほんと、一言言ってみて良かったです。母子ともに?教室がストレスになっていたので。

月2回の療育は少ない気がしますね。でも、現状としてそんなに回数は取れないようですけど。私が子供の時やっていた、週に一度の習字や囲碁などの習い事も、週に1回だとやり方を覚えるだけ、という感じになってしまい、上達には至らなかった気がします。週に2回以上やると、上達も早いのかもしれません。

ともあれ、支援センターで他の人や先生の話を聞いたり、よその子と遊んだりするのは、色々と経験になって良いものです。
2010/07/04(Sun) 05:01 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
どこかの誰かさんへ
コメントありがとうございます(^_^)。

親バカですが、とっても可愛い娘なんです<笑>。自閉症でも色々なタイプがあるみたいで、中にはほとんど笑わないとか喋らないタイプの子供もいるみたいですが、愛ちゃんは間違いなく、皆から愛されるタイプ。

神様がうちにだけ特別に<笑>、天使の子供を預けて行ったのかもしれません。
2010/07/04(Sun) 05:10 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
fightmamaさんへ
コメントありがとうございます(^_^)。
fightmamaさんのブログを読むと、自閉症の娘さんたちのことが書かれていて、うちの娘も同じ自閉症を持つ女の子なので、すごく勇気付けられますfightmamaさんの娘さんたちは、確かに普通の子とは違うけど、良い子に育っているなーと、文面から読み取れるので、自閉症の子と生活するのも、きっと楽しいかもしれないって思えてくるのです。
 一時は私も、インターネットで、自閉症を治す?記事を一生懸命探していたこともあります。どこかの宗教のナントカ水を飲ませると治るとか、ナントカメソッドで治っただとか、そんな怪しげな記事ばかりで、はっきりと根拠を持って治ったという事例は見つけられず、すごく落ち込んだものです。
 最近は、この子はこういう子供なんだと思わないといけないなーと、ちょっと思いはじめました。
 愛ちゃんに合ったやり方を今模索している所です。
2010/07/04(Sun) 05:25 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。