漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アシナガ蜂と同居
2010年06月18日 (金) | 編集 |
先日、ブロ友さんが蜂の話題を書いてたので、私も。

うちの実家(東京都)では、足長蜂を飼っています。いや、飼っているのではなく、軒下に住み着いています。
最初に蜂が家に来たのは、私が小学校低学年の時だったので、かれこれもう30年近く住み着いていることになります。

最初の頃、駆除していた足長蜂の巣でしたが、何度取り除いてもまた巣を作るので、そのうち可愛そうになって放っておくことにしました。図書館で調べたところ、足長蜂はとても大人しく、人間を襲うことは滅多に無いそうです。事実、実家の人間は一度もこの蜂に刺されたことがありません。

毎年、春になるとやってきて巣を作る足長蜂。晩秋には死んでしまい、地面に死骸が落ちています。うちには、甘いイチジクの木があって、蜂たちはどうやらそれを餌にしているようです。イチジクの実を採りに行くと、蜂がイチジクの実の先端に開いている小さな穴から、蜜を吸っています。収穫の際、蜂の体がぶつかってくることもありますが、それでも刺したりはしないのです。イチジクの実、鳥が食べるとぐちゃぐちゃになるし、アリがたかると真っ黒になってもう食べる気がしないものですが、蜂は実に傷を付けずに、上手に蜜だけ吸っていきます。

そうそう、蜂の巣の観察をするのも面白いです。働き蜂たちが、せっせと幼虫に餌を運んでくるんですね。長い足を使って、上手に餌を巣に押し込んでいます。たまに、スズメ蜂がやってくると、集団で攻撃にかかります。大人しい足長蜂にとっても、スズメ蜂は敵のようで果敢に追い払っています。そのせいか、実家にスズメ蜂が巣くったことは、まだ一度もありません。

足長蜂は、毛虫やダンゴ虫などの害虫を良く食べるそうです。ネットで調べたら、ガーデニングをしている人たちの中には、足長蜂を益虫だとして、毎年やってくるのを心待ちにしている人もいるくらいでした。

見た目、ちょっと怖い足長蜂ですが、実はかわいい奴なんです。害虫から家を守ってくれている足長蜂くん、いつもご苦労さまです。

コメント
この記事へのコメント
No title
イチジクの食べ方。確かに花の蜜を主食にする蜂だと実を食べる人間と綺麗な住み分けが出来るわけですね。
最近ミツバチも減ってるらしいし、足長蜂も花粉を運んでくれるなら理想的パートナーなんですね。
2010/06/19(Sat) 09:48 | URL  | ぴーぼ #-[ 編集]
ぴーぼさんへ
コメントありがとうございます。虫って一見怖いので、つい嫌がってしまいそうですよね。

去年私は、家の駐車場にいた、蛾をスプレーで殺したことがあるんです。死んで落ちている姿を見たら、羽を広げた姿がとても綺麗な模様をしていて、あとからネットで調べたら、「ヒトリ蛾」という名前の蛾で、「マイマイ蛾」と違って刺したりしないし、人にはあまり害のない種類だったんです。

模様の美しさから、オークションなどで、標本?用の死骸がマニアのあいで間で高値で取引されていることも解りました。

無用な殺生をしてしまい、すごく後悔しました。人と共存できる昆虫もいることを覚えておいて、これからはあまり殺さないようにしたいと思っています。
2010/06/20(Sun) 05:53 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。