漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氷河時代の男、エッティー
2010年05月27日 (木) | 編集 |
ヨーロッパアルプスの高地で、氷の中から5000年前の男のミイラが見つかったそうです。その番組をNHKで見ました。
 
 エッティーと名づけられたそのミイラは、保存状態が良く、立派な鹿皮の衣服を身に着けていて、武器も持っていたそうです。エッティーは、矢じりの手入れや衣服のつくろいも自分で行い、好きな時に好きな場所で火を起こすことも出来たそうです。アルプスの厳しい環境に適応し、氷点下になる山の上でシェルター(かまくら)を作って、そこで一夜を過ごすこともあったようです。

エッティーの暮らしていた村の遺跡も見つかっていて、5000年前の人々が、機能的な家を作り、死者を墓にまつり、現代人と何ら変わらない、優れた知能と繊細な感情を持って生活していた事もわかりました。

私はこの手の番組があると、つい見てしまうのですけど、人間って5000年前から変わらないんだなーと、感心しました。

むしろ現代人のほうが、知恵や体力や手先の器用さでは、先史時代の人間よりずっと劣っている気がします。

便利な現代社会に生きていて、ツライとか面倒くさいなんて言ってたら、罰が当たりそうです。たまに、過去の人々の生活を振り返ってみて、今の恵まれた環境に感謝したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
No title
5000年も昔って、なんだかホントにスゴイですよね!!
屋久島でしたっけ?
ものすごく昔の杉とかあるそうですが、
それ以上ですもんネッ!!

おっしゃるように、現代の『文明社会』ってへんなトコとか、矛盾してるトコとか「何やってんねやろなあ~(^-^;)」てなトコとか様々に感じます。

でも、そういった文明なるものが突然なくなってしまったら「どーしようもない」っていう自分であることも感じますねえ(っ-_-)っ
2010/05/27(Thu) 19:16 | URL  | ボチ #-[ 編集]
ぼちさんへ
そうなんですよね。もしも、現代文明がある日突然崩れ去ったら....。 あるいは、自分ひとり、密林の中に取り残されたら.... そんなサバイバルを私達文明人は、とても生きぬけないと思うのです。

やっぱり古代人はすごかった!
2010/05/28(Fri) 05:02 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。