漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
療育および教育の難しさ
2010年03月11日 (木) | 編集 |
自閉症児のための本や、サイトなどを色々と見てきた私ですが、療育って難しいなぁと感じています。

すごく療育熱心で、専門書まで書いてしまった両親がいたり、一方、「うちの子は自閉症で治らないから」とほとんど諦めてしまって、幼稚園には入れたものの特に療育らしきことは何もしなかった親、などなど色々なケースを見てきました。

専門書を書いた人の子は重度の自閉症で、両親の熱心な療育を受けたけれど、年月がたって、やっぱり重度の自閉症に変わりがないんです。その子なりの進歩成長はもちろんあるのですけど、その子が療育の成果で、自閉症が治ったり、軽度の自閉症へと進歩したりはしていないんですよねー。もちろん彼女はまだ子供なので、今後ものすごい進歩を見せる可能性もあるとは思いますけど....。

一方で、自閉症は治らないからとあきらめて、療育らしきことは何もしなかった人の子供。幼稚園に毎日元気に通っていた中度の自閉症の男の子は、小学校入学までに、自閉症とはほとんど解らないくらい言葉も覚えて、普通の小学校に入学したのです。

また別のサイトで見た、療育熱心な人の自閉症の子供は、中学生になって療育のストレスから、ナイフで首を切ろうとする自傷行為を繰り返すようになったと書かれていました。

療育って何??って思ってしまいます。

熱心にやってもあまり伸びない子供がいる一方で、何もしないでも自分で伸びていく子供がいる。

子供の成長は、親が思うようにコントロールできる種類のものではないのかもしれません。まして自閉症は脳の機能の問題もあるので、普通の子をたとえばレベル100として、レベル90の能力がある軽い自閉症の子ならば、親が何もしなくても自分の力で95くらいまで伸びていくかもしれないし、レベル30の能力しかない重度の自閉症の子が、親が必死に頑張って40まで伸ばしても、重度の自閉症に変わりはない、と言うような事なのかも、と思ってしまいます。

定型発達の子供でも、それぞれの子供が持つ脳の能力って実は差があると思うのです。将来東大に入るような天才児の脳をたとえばレベル300だとしたら、どんなに努力しても東大には入れない、生まれつきレベル150の脳の持ち主もいたり、障害児とのボーダーライン??の生まれつきレベル100?の子もいたり、生まれながらの脳の素質って個人差があるんじゃないでしょうか。

親はそれに気づかずに、子供の適性を無視して、「やれマルマル大学に入れ」だの「医者になれ」だの「オリンピックに出ろ」だの子供に無理をさせて、それに答えられるだけの潜在能力があればいいのだけど、それが無い子は心を病んで、引きこもりになったりうつ病になったりしてしまう.....。

自分が「軽自動車」だとは気づかずにF1レースで「スポーツカー」と競争しているようなものですよね。

うちの娘は、自閉症と言われているので、もしかしたら普通の子が「車」だとしたら「自転車」位の能力しかないかもしれません。でも、自転車は自転車なりの良さがある。自転車に自動車と同じ事を求めるという間違いだけは、犯したくないな~と思います。

教育というなら、もっと普遍的なこと。たとえば、朝は早起きして夜は早く寝るとか、健康に気をつけて栄養のあるものを食べるだとか、身体と部屋の清潔を保つだとか、仕事(学校)に欠席・遅刻・早退をしないだとか、嫌な気分を長く引きずらないだとか、人には親切にするだとか、他人に迷惑を掛けないように気をつけるだとか、人として生きていくための知恵を教えたいです。

世の中には、それがチグハグな人が多い気がします。名だたる大学を卒業して、その後心を病んで何十年も精神病院に入院して暮らしている人も私は知っています。立派な社長なのに、健康に無頓着なあまりに病気で早死にする人がいたり、地位は立派でも人格がゆがんでいたり、教育熱心を一歩間違うと、おかしなことになったりします。

××式教育法が、たとえばAちゃんにはぴったりの良い教育であっても、Bちゃんにとっては逆効果の適性に合わない教育法だったり、スパルタ式の親に殴る蹴るして育てられて、おかげで強く立派になりましたというCさんがいれば、同じようなスパルタ式の親に殴る蹴るして育てられたおかげで、心を病んで病気になりましたというDさんもいて、本当にその子供の性格と素質に合う教育を、どう見つけてマッチングしてあげられるか、それが大事なんじゃないかと言う気がします。

というわけで、うちの娘達にどんな教育をすればいいのか? まだまだ藪の中です。そもそも娘達がどんな性格でどんな適性を持っているのか? この子たちに合うものは何か? 未だわからず、右往左往しているママです。

娘達がどんな風に成長していくのか? 本当に知っているのは神様だけなのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
答は成長していった先って事ですね、深いですね。
やっぱり途中経過はあくまで通過点ですもんね。
私も大きな目線で子育てしたいものです。
2010/03/11(Thu) 08:51 | URL  | ぴーぼ #-[ 編集]
ぴーぼ
長文を読んでいただきありがとうございます。

親が子供の成長や人生をコントロールって出来ないと思うんですよ。ある程度、本人の生まれ持った資質や運命があって、周りはサポートするけど、あとは子供本人の力で育っていく。

親が子供をどうにでもコントロールできると思っていると、あとでしっぺ返しが来るような気がします。

周りの情報に惑わされないで、自分の子供をよく見てよく知ることから始めたいです。
2010/03/11(Thu) 15:34 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
ぴーぼさんへ
敬称が抜けていた.....失礼(^_^;)
2010/03/12(Fri) 04:52 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。