漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短眠法?の障害
2010年03月02日 (火) | 編集 |
子供と一緒に、夜早く寝てしまう私です。なので、朝は早起きしようと思い、4時半に起きることにしました。

ところが、困ったことが。

次女の夏ちゃん(1歳7ヶ月)がほぼ毎晩、1時とか2時に目を覚まして、ちょっとだけ泣くんです。どうも喉が渇くみたいで、飲み物をあげるとすぐにまた眠りにつくので、夜泣きというほどではなく、それほど手は掛らないのですが....。

子供と一緒に夜9時頃には寝てしまうママは、1時2時に起こされるとその後、眠れなくなってしまいます。で、少し起きていると今度は二度寝になってしまって、4時半には眠くて起きられないという.....。かといって、1時2時に起きたついでにと思ってそのまま起きていると、30分位すると、ママが隣にいないことに気が付いた夏ちゃんが、またグズグズし出すので、仕方なく添い寝します。

どうも、有効に時間を使えていない気がするのです。

長女の愛ちゃん(3才半)は、夏ちゃんが少々泣こうが、目覚まし時計が鳴ろうが、お構いなしでグッスリ寝ていることが多いのですが.....。

夏ちゃんも夜起きずに、眠るようになってくれるのを祈るばかりです。
コメント
この記事へのコメント
ママはたいへんですね。
ママの場合は、短眠法というより
分割短眠法を身につけないといけないかもしれないですね。
いつでもすぐに眠れて、ガーっと熟睡できて
ガバっと目が覚める体質にならないと
子育てはたいへん!

あ!思い出しました!
「朝2時起きで、なんでもできる!」(枝廣淳子)という本を持っているのですが、この著者は子どもと一緒に8時に寝て2時に起き、主婦から同時通訳者になったんです。最近は環境に関するコラムなどでお名前を見かけます。
2010/03/02(Tue) 09:05 | URL  | マカロン #-[ 編集]
マカロンさんへ
コメントありがとうございます(^_^)。

短眠法とまでは行かなくても、一日6時間くらいの睡眠で済むようになりたいなぁと思います。でも、体質もあるでしょうから難しいのかもしれません。

朝2時起きでなんでもできる、読んでみようかしら。
2010/03/02(Tue) 13:48 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
睡眠を中断されると寝れなくなりますよね(汗)
自分のペースで寝れたり起きたりだと大丈夫なんだろうけど、子供の行動に左右されて、無理やり叩き起こされるみたいな感じだと、自分のペースが崩れて日中凄い眠たくなったりします。
まあ、私はたいがい昼寝しちゃいますが。
せりみさんは日中働いてるみたいだし、あんまり無理はしないでくださいね。心配しちゃいますよ!
そういえば、なんか歳を取るとむしろ寝れなくて短眠になるみたいだし、いっぱい寝れるのは若い証拠って聞いたことあるから、寝れる体力がある今、いっぱい寝るのも良いかとv
とかね!まあ、そう言って甘やかしてる自分が居たりします(笑)
2010/03/03(Wed) 21:02 | URL  | ぴーぼ #-[ 編集]
ぴーぼさんへ
コメントありがとうございます(^_^)。

そうそう、子供ってへんな時間に起こしてくれるので、ホント迷惑です(^_^;)。昼寝はいいですね~。30分くらいの昼寝は、脳にも良いみたいなので、私も習慣にしようかなーと思っています。

でも、子供と添い寝しているとうっかり2時間くらい寝ちゃうことも。昼寝でも、タイマーが必要かしら.....。
2010/03/04(Thu) 05:45 | URL  | みなせりみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。