漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌といえば....
2009年11月29日 (日) | 編集 |
若い頃私は、ヤマハミュージックスクール ボーカルコース(10回)に通ったことがあります。

歌手になりたかったわけではもちろん無く、カラオケがあまりに下手くそで恥ずかしかったからです。
カラオケ教室は、たいてい?おじさんおばさん達がこぶしを回して演歌を歌っているので、私のニーズとは合わないと思ったのですが、このボーカルコースでも私は場違いでした。

最初の集まった生徒7人は、私以外は皆プロ志望の方ばかりでした。先生もあまり売れていない歌手の方(男性)でした。でも、最後には私ともう一人の生徒さんの二人だけが残りました。授業料も結構高いのにもったいないですよねー。皆分割で払ってたのかな? 私は一括前払いだったので、やめませんでした。結局、歌は大して上手になりませんでしたが、松田聖子の赤いスイートピーを歌えるようになりました。

最後に、私と先生ともう一人の女の子(私と違い凄く歌が上手い)の三人で、駅前の居酒屋でちょっと一杯飲んでからお別れしました。そのときに二人から言われた言葉。「君は幸せでいいね~」確かに、赤いスイートピーが歌えるようになって喜んでいる私は幸せ者かもしれません。私は歌の才能が全く無いので、歌手になろうとは思いもしませんが、本気で歌手を目指すというのは結構シンドイことなのかもしれません。才能があるゆえに、大きな夢を諦めきれずに苦労するのでしょう。

ボーカル教室で覚えたカラオケのコツ。一つの曲を何度も歌って慣れること。自分の歌える(音域の)曲を上手に選んで、レパートリーを増やすこと。自分が歌えない曲は、キーチェンジャーとテンポチェンジャーを駆使して、自分の声に合わせる事。

歌手志望の人は、声の音域(特に高音)を伸ばすために、川原で毎日叫んだりもするそうですが、素人はそこまでしなくて良いそうです<笑>。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。