漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逃避生活(精神的に?)
2011年03月27日 (日) | 編集 |
今月24日は私の誕生日でした。といっても何もせず、普通の一日でしたが、ついに不惑の年代に突入。でも未だ迷いっぱなしの私です(-_-;)。

テレビやネットの報道は、震災関連がほとんどで、メンタル弱い私は逃避生活?を送っています。ここ1~2週間は、テレビから逃避して、本を読んだり、ポッドキャストオンデマンド放送で、主に投資と経済の勉強をしておりました。

24日の私の誕生日には、ミャンマーで大地震が起こり200人以上が死傷していますが、国内のニュースではあまり取り上げられていない気がします。その前の話になりますが、今月10日には中国雲南省でも大地震で200人を超える死者。中東も未だゴタゴタですし、テレビでは国内の地震のニュースばかり流れていますが、ネットで国際ニュースの記事を毎日チェックすることにしています。

地震と戦争、太陽の黒点が少ない時期(太陽フレアが増大する時期)と相関性があり、今は黒点が少ない時期で、地震や暴動が起きやすいのだそうです。太陽の黒点アノマリーの一種ではありますが、今後の国際経済を予想するポイントになりそうです。黒点が増えてこなければ経済も良くはならない?!って事でしょうか・・・・。

さて、こんな時には、ポッドキャストオンデマンド放送が、ありがたいです。オンデマンド放送は動画なので、投資の勉強には特に良いですね(^_^)。チャートとか耳で聞いただけではイマイチ理解できないけど、画像が付いていると分かりやすくてナイスです。無料でも結構しっかりした内容の番組が多数あって、英会話や中国語会話の番組なんてのもあるので、自己研鑽?(というか、通信教育ですか)をお安く出来る感じが気に入っています。ポッドキャストは、目で見ることは無いけど、家事をしながら気軽に聞けるのが良いです。

テレビ報道やネットの写真ニュースは、生々しくて、見ているとうつ症状がさらに悪化するので、控えめに見て、その分募金という形で支援の気持ちを表したいです。

http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/swcenter/max_fl.html←参考までに。ここ一ヶ月ほど太陽のフレアが増大(黄色から緑表示が増えている)
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
自主避難旅行と正常性バイアス
2011年03月15日 (火) | 編集 |
300年に一度?の大地震が起こりました。

東北地方太平洋沖地震。テレビで被災地の様子を日々見ておりますが、大変胸が痛みます。

余震もまだ続いていますし、福島の原発もどうなるかわからず不安です。

とりあえず、親戚縁者の無事は確認できましたが、ライフラインが止まって不自由をしている様子でした。

うちは小樽で海にとても近いので、津波が心配でした。12日の早朝には、小樽にも津波注意報が出ていました。

私はこの日AM4時ごろ起きたので、早速家族の荷物をトランクに詰め、車に積んで、インターネットで山の上にある宿を予約し、急遽外出の準備をしました。津波を逃れるため、山に避難しようと思ったからです。

ダンナさんを6時に起こし、「山に行くから支度して」と言うと、ダンナ「いや~、俺、会社あるから」なんて言うではありませんか!
ダンナの会社は海のそば、怒りましたよ私。「あんたねー、300年に一度の大震災だっていう時に、正常性バイアス働かせてどうするのよ!セプテンバーイレブンの時どうだったか思い出してみなよ。韓国地下鉄火災だって、正常性バイアス働かせた人は皆死んでるんだよ。あんた死にたいの!?」と怒り狂う妻に、ダンナもしぶしぶ「わかった、一緒に行くよ」と、旅行の準備を始めたわけです。

というわけで、急遽、週末2泊3日、家族でキロロスノーワールドへ。名前からもわかるように、スキー場にあるホテルです。事情をわかっていない娘達は、「わーいお泊りだー」とおおはしゃぎ、温泉に入り、キッズパークでそりすべりを楽しみ、レストランでおいしいものを食べ、ご機嫌。普通の温泉旅行と相成りました。

にしても、車で30分のキロロに泊まることになるとは。でもまあ、今回のことで、避難訓練にはなったかな、と思います。津波警報はその後すぐに津波注意報に変わり、13日日はそれも解除されました。結局何もなく済んで、ホッとしています。

とはいえ、いつ又津波地震が起こるともわかりません。日ごろの注意は怠らないようにしたいと思います。

というわけで、正常性バイアスの話を少し。

人間は、どうやら「日常の風景が変わるハズが無い、変わりたくない。」と考える生き物らしいのです。

なので、非常事態の時でさえ、「自分の身に災害が降りかかるハズが無い」「何かの間違いだ」という意識が働くそうです。そして、そこに同調性が加わる。「周りの人も避難していないし、皆も騒いでいないのに、自分だけ慌てるのはカッコ悪いだろう、おかしいだろう。」と。

かの有名な二つの事故。セプテンバーイレブンと韓国地下鉄火災。セプテンバーイレブンでは、飛行機がビルに激突してから、ビルが崩壊するまでに確か30分くらい時間があったはずです。(うろ覚えなので間違ってたら済みません)韓国の地下鉄でも、火災が発生して煙が車内に充満するまで、10分くらいはあったはず。

その間に逃げていれば、相当数の人命が助かったはずです。なのに、人々は逃げなかった。何もせずに、命を落とした人が多かった。なぜ? 

そういうのを、正常性バイアスというそうです。そこで、「危険だ!一緒にドアを壊そう。皆逃げよう!」と大声を出して、カバンで窓ガラスを叩き割り、地下鉄から逃げ出したグループは助かった。「本社の指示を仰いでから」と電話を待って、ワールドトレードセンターに座り続けたサラリーマン達は、命を落とした。というわけです。

そんな時に、まじめで普通の人たちは命を落とし、偏屈と言われようとも「自分は助かる。人がどうでも自分だけは逃げる!」という、ある意味自分勝手で不真面目な?人間は助かったわけです。

私は不真面目で自分勝手な人間ですので、こういう時は「会社が首になっても命が大事」と考えるほうです。なので、積極的に「逃げよう!私は逃げる!」と大声を出して、窓ガラスを叩き割る勇気を持ち、行動に出ようと思っています。
テーマ:家族でお出かけ
ジャンル:育児
ひっくり返る次女
2011年03月11日 (金) | 編集 |
次女のナスビちゃん(2歳8ヶ月)が、反抗期真っ只中です。

魔の二才児とは、こういう子供を言うのよね~という感じで、どこでもひっくり返り、足をバタバタさせ、超音波で泣き叫んでおります。デパートでたまに見かける、床にひっくり返っている子供、それはうちの娘です。

小さい体で、どこからそんな声が出るの?と思います。「きーっ!ぎゃーっ!!」とても文字では表せないような破壊力です。

泣いている理由は、長女におもちゃを取られたとか、ガチャガチャを買ってもらえなかったとか、家にまだ帰りたくないとか、ママがアメをくれないとか、です。

顔つきが長女に似ているナスビちゃんですが、態度まで2歳の頃の長女にソックリになってきました。一方で長女(4歳7ヶ月)
のほうは、少しカンシャクも落ち着いてきました。今は、床にひっくり返ることは、あまりしなくなりました。気に入らないと今でも泣き叫びますけどねー(^_^;)。

最近、夜泣きも続いている次女。なんかそういう時期なんでしょうか?

ママは少々ゲンナリしております。ま、可愛いもんですけどね~。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
授乳婦と短眠法
2011年03月06日 (日) | 編集 |
先ほどAM2:00に、次女のナスビちゃんに起こされました。

寝ていたんですけど、急に泣き出し、そのまま延々30分間泣いてました。起きたのかと思うとそうではなく、寝ながら泣いてるんですね~。夜驚症?! 30分間寝ながら大声で泣けるのは、ある意味凄いです。

次女が泣き出すと、泣き声がうるさかったのか、赤ん坊まで泣き出し、赤ん坊におっぱいをあげると又寝たんですけど、その騒ぎの中で、長女のトマトちゃん、爆睡してるんです。それもスゴイ・・・ よくこのうるさい中で寝てられるな~と感心しました。

ナスビちゃんは、この頃、多感期なのか反抗期なのか、泣き出すとずーっと(30分くらい)泣いていることが多いです。別にママが怒ったわけでもなく、何か気に入らないとひっくり返って泣き出す感じです。超音波でキーッ!!と叫ぶことも多いし、魔の二歳児真っ只中です。

かと思うと、4歳のトマトちゃんと良い感じで遊んでいることも多くて、まだ2歳で小さいのに、4歳のお姉ちゃんとうまく話を合わせているな~と感心します。(もっともトマトちゃん、精神年齢は2~3歳くらいなので、ナスビちゃんと丁度いいのかも?)トマトちゃんは、妹達が大好きでとっても可愛がります。特に3女のレモンちゃん(5ヶ月)には、ママより優しいです<笑>。「赤ちゃん。トマトお母さんですよ~」なんて、お母さんになりきって世話してます。ママが忙しくて、赤ん坊を泣かせておくと「ちょっと!赤ちゃん泣いてるよ。早くおっぱい上げなさいよ。」とダメ出し。「レモンちゃんが生まれて良かったねー」とも、よく言いますね。ホント、生まれて良かったですよ、ハイ(^^♪。

発達障がい児のトマトちゃんですけど、それなりに最近またレベルアップして来ているようで、「うん、わかった」とか「じゃあ、そうするよ」とか、妙に聞き分けよい事も増えました。元々、特に親を困らせる娘ではないのですが、最近は複雑な言い回しややり取りも覚えてきて、あまり障がい児っぽく見えません。妹を相手に、しり取り遊びもできるようになりました。「ねねね、ネーコ(猫)。じゃあ次なっちゃん、コーマ(独楽)って言って」なんて無理やり言わせてます。ナスビちゃんは、まだしり取りの仕組みを理解していないみたいですが・・・

話がそれましたが、短眠法。3ヶ月続いてます。(^^♪

2年前にもやっぱり、真夜中3時頃に長女が泣いて、赤ん坊(次女)もつられて泣き出した時があって、その時(ママも眠いのに、変な時間に泣きやがって、まったくもう!)みたいな気分だったんですよね。(うわ~、寝不足でマジつらい...)って思ってました。

それが今回、(子供泣いたわ~、まだ2時か...)くらいな気分なんですよね。ツライっていうのが無いんです。短眠法、ナイスです。授乳婦と短眠法、意外と好相性なのかもしれません。授乳婦だと、真夜中に赤ちゃんに起こされるのが当たり前なので、そのタイミングで短眠法にトライすると、ちょうど良い目覚まし時計?を持っているようなもので、良いかもしれません。

せっかく早起きしても、今までサボっていた分の片付け物や、書類関係、そして、無駄にネットサーフィンや読書をしてしまって、あまり家事に還元出来ていない現状です。でも、短眠法のメルマガ(http://ssp-7step.com/index 上田真司氏のページお勧めです)を読んだら、「最初は早起きして好きなことを楽しむ」のが良いと書かれていたので、それでも良いかな?みたいな・・・・ 

続けていって、そのうち家事に還元できるといいなー、と思ってます。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
着物って
2011年03月02日 (水) | 編集 |
先日3女の百日記念ということで、写真館に写真を撮りに行きました。

子供達はレンタルドレスを着て、ママは自前の着物を着て、パパはスーツです。

うちには和ダンスがあり、そこに和服を収納しているのですが、実際に着物を着る機会はあまりなく、年にせいぜい1度か2度くらいです。

和服の管理は意外と面倒で、カビや湿気を嫌うし、洗濯も自力ではできません(単<ひとえ>なら可能だけど)。クリーニングに出すだけでも、5000円以上してしまいます。

私は着物は好きなほうで、子供が生まれる前は、よく着て歩いていました。でも子供が生まれてからは億劫であまり着てません。和ダンスも場所を取るし、年に1度しか着ない着物の為に、収納場所を取られたり、クリーニング代も高かったりして、もし着付けが出来ない人ならば、着るたびに美容院に通うことにもなるし、着物って考えてみたら、とても贅沢な衣料品です。これがドレスならば、モノにもよるでしょうけど、着物ほど保管や着付けにお金や時間が掛かることは無いと思います。

ホントは面倒なので、私も着物、手放したいところですが、母が縫ってくれた着物なのでそうも行きません。(母は、和裁の仕事をしていました。)

ところで、江戸時代の人たちは、皆着物で生活していたんですよね。赤ん坊におっぱいあげる時とか、床を拭き掃除する時なんかどうしていたんだろう?って思います。着物着ていて授乳って無理ですよね~。

以前、外来を手伝っていた時に、着物を着たおばあさんが受診に来て、聴診をするのにあっという間に帯を解き、着物を脱ぎ、それをまたあっという間に(30秒くらいで)着て帰ったのを思い出しました。江戸時代の人たちも、授乳の度にもろ肌脱いで乳を与え、あっという間に着付けをして過ごしていたのかもしれません。

それにしても、着物ってやっぱり面倒だな~。綺麗なのはいいけど、洋服の簡単さと比べるとナントモ・・・・

着物離れも進むわけです。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。