漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失われた?ひと月
2010年12月28日 (火) | 編集 |
子供がインフルエンザにかかってしばらくすると、今度はママパパともにうつされたみたいで、熱が出てすっかり不調になってしまいました。

ママは38.5℃の熱が3日間続き、鼻水がズルズル。咳があまり出ないのがせめてもの救いです。この頃になると、娘達の風邪はだいぶ良くなってきて、熱も下がってすっかり元気に。で、「ママ~、遊ぼう。散歩行こう」と手を引っ張り大騒ぎ。ママが「病気だから寝ていたい」と言っても、長女は「もう!ダメでしょ。グズグズして。いつまで寝てるの!起きなさい!」と説教する始末。

なので、娘を3人連れて、ショッピングモールに買い物に出かけ、ご飯を食べさせ、風呂に入れて、合間に赤ん坊のおっぱいとオムツ。うーん、全くゆっくり休んでいる暇もありません。自分が病気でも、子供の世話をしなければならないのが、母親の辛いところです。

熱で朦朧としながらも、娘達とクリスマスケーキとデザート(ゼリエース)を作り、ささやかなクリスマスパーティーもしました。今年は、娘達はインフルエンザで保育園に行けないので、ケーキはホットケーキミックスを混ぜて、カップに入れてレンジでチンする簡単なものにしました。それに、クリームとチョコで飾りつけ。でも、子供たちは大喜び。「ケーキ自分で作ったんだよ」とニコニコしています。プレゼントはママが買いに行けなかったので、パパに頼んでクリスマスブーツ(お菓子が入っている)を買ってきてもらいました。

クリスマスパーティー2010



なんだか、半分夢の中にいるような変な一週間でした。

ともあれ、月曜日になり子供たちを病院に連れて行ったあと、やっと保育園に行かせて、ママの風邪もだいぶ良くなり、今は何とかちょっと一息ついているところです。心配していたレモンちゃん(2ヶ月)の風邪も、大したことはなく鼻かぜ程度で済みました。

今月は、RSウイルス感染症で、娘達が熱を出して3女は入院するし、その後はインフルエンザで、なんだか失われたひと月という気分です。まぁ、業(ごう)払いのひと月だったのかなぁと良いほうに考えようと思います。
スポンサーサイト
テーマ:病気
ジャンル:育児
おばあちゃんが変身\(◎o◎)/!
2010年12月27日 (月) | 編集 |
いや、ハートキャッチプリキュアの話なんですけどね。

おばあちゃん(薫子さん)が、キュアフラワーに変身。びっくりしました。しかも若返っているし。

50年前に砂漠の王と戦ったって言ってたので、当時14歳だったとしても、現在64歳だよねー。私はもっと若いのかと思ってました。いやー、私も変身したい<笑>。

娘達も大興奮、長女のトマトちゃん(4歳5ヶ月)は、「おばあちゃんが変身したんだよね!すごかったね。雪だるまさんやっつけたんだよね」と何度も説明していました。

自分と同い年の母親あるいは、父親と実際に会って話しが出来たら、どんなだろう。なんて考えると面白いですね。そこで恋が芽生えたりしたら、また複雑な話になりそうです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
病気の?娘達と過ごす年末
2010年12月22日 (水) | 編集 |
病気といってもインフルエンザなんですが...。 長女のトマトちゃん(4歳5ヶ月)と次女のナスビちゃん(2歳6ヶ月)は、2日ほど熱が出た後すっかり元気です。病人にしてはテンション高く、遊んでいます。

家に篭っているので、退屈な娘たち。踏み台を持ち出して、押入れに登り布団を投げたり、台所の引き出しをあけて、型抜きやらはさみやらを放り投げたり、シールを壁に貼ってみたり、好き勝手に遊んでいます。で、時々兄弟げんかが始まります。おもちゃを取った取られただの、相手が自分の思い通りにしてくれないだの、くだらないことで、すぐに大騒ぎが始まる姉妹です。

3女のレモンちゃん(2ヶ月)は、インフルエンザがうつらないように、別室に隔離しました。この3女がとても大人しくて、眠っているか、目を開けていても1人で遊んでいるかで、ホント助かってます。泣かないでいつも機嫌が良い3女に感謝です。この子まで、ギャンギャン泣くようだと、娘3人で大騒ぎとなってしまい、ママのストレス無限大です。

レモンちゃん、喃語でおしゃべりするようになりました。「うっくー」とか「あくー」とか言っています。時々にこーっと笑います。穏やかな赤ちゃんで、まるで菩薩のようです。←親ばか?

remo2kagetu.jpg

トマトちゃんは、このごろすっかりお料理ブームで、ママのお手伝いをして困らせてくれます。子供たちの料理。時間は3倍掛かるし、材料は無駄になる、かえって手間が掛かる、洗い物汚れ物も増える、と良いこと無しです。まぁ本人は料理を手伝っている気分で、楽しいようですが....。

ナスビちゃんは、すっかり反抗期。だめっ、いやっ、何々しない!。と可愛くない態度です。思い通りにならないと、泣き叫ぶ、奇声を上げる、床にひっくり返るという、典型的な魔の二歳児をやってくれています。

そんな娘達に振り回され、年内にやりたかった用事も、新年に持ち越しとなりそうです。まぁ仕方ないか。気分的に落ち着かないこの頃ですが、娘達と楽しく遊んで新年を迎えたいと思っています。
インフルエンザでした
2010年12月20日 (月) | 編集 |
長女に続き、次女も38度9分の高熱を出して、二人で部屋を走り回り、ふざけてケラケラ笑っています。

先ほど病院に連れて行ったら、インフルエンザA型ということが判明しました。予防接種二回していたのに、かかってしまったようです。いつもと同じように、姉妹でふざけてじゃれあっているところを見ると、それほど重症でもなさそうです。

インフルエンザ用の薬は処方されず、いつもの風薬をもらって帰ってきました。

3女にうつるのが心配ですが、まぁなるようにしかならんでしょう。今日行く予定だった、長女トマトちゃん(4歳5ヶ月)の知能検査は、また次の機会に延期です。

この分だと、登園できないまま正月休みを迎えることになりそうです。まぁ、仕方ないか。家で、こどもちゃれんじのおもちゃをやったり、ドリルをもう一度やったり、一緒に料理を作ったり、子供たちと楽しく?過ごしたいと思います。

そうそう、トマトちゃん、インフルエンザの検査の時に、鼻の粘液を綿棒で取られるのですが、綿棒でこすられるのが嫌だったようで、ドクターに「おじいちゃん。ちゃんと新しい鼻吸い器を買いなさいよー」と説教していました。子供は何を言い出すかわかりませんねー(^_^;)。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
長女が新しいのをもらって来た&年末ですねぇ
2010年12月19日 (日) | 編集 |
長女が新しい風邪をもらってきたらしく、昨日は熱が39度2分。今日も38度4分あり、咳もしています。土日なので病院には行かず、キッズバファリンを飲ませています。次女三女にうつるのも時間の問題でしょう。

あー、我が家は穏やかな新年を迎えるのは難しいかもしれません(ToT)/~~~。

9日間入院していたので、やることが溜っています。が、今週も色々と忙しく、どこまで出来るかわかりません。とりあえず、欠礼(年賀状の)は出さないとだよな~。クリスマスケーキやおせちは、ゆっくり手作りできそうもないので、今年は買ってこようかな?? ガス台周りの掃除は、ゆっくり年明けにしようかと思います。

話は変わりまして、先週末に知人がうちに来て、手作りの雪だるま人形とケーキを持ってきて下さいました。子供たち3人分の雪だるま、可愛いです(*^_^*)。ちょっと早めのクリスマスプレゼントですね。

画像-0011

今年のプレゼントはどうしましょう。まだ、用意していません。娘達に「クリスマスのプレゼント、何をもらいたい?」と聞いたら、長女が「ズボン」で次女は「ケーキ」でした。おもちゃなどは多すぎるし、洋服にしようかしら。娘達、クリスマスは自分が好きなものをもらえる、という感覚はそれほど無いようなので、洋服にラッピングすれば喜びそうです。

そうだ! ケーキは、電子レンジで簡単に出来る、固めスポンジにして、子供たちと一緒に生クリームとチョコで飾りつけをしようかしら。最近、料理のお手伝いが大好きで、よく台所に立っている娘達。ケーキ作りは喜ぶと思います。

あ、おせちも子供たちと作れないかな~。ちょっとそれも考えてみようかしら。

風邪気味で、慌しい年末になりそうですが、家族でささやかに楽しめるといいなーと思っています。

慣れということ
2010年12月17日 (金) | 編集 |
入院中にふと思ったこと。よその子供の泣き声が、自分が独身だった頃に比べ不快ではない。

いや、そりゃ不快ではあるんですけど、自分の子の泣き声でも不快ですから。独身の頃の不快度が100だとすると、30くらいに下がっている感じです。

(泣いてるなー、うるさいなー)くらいに。以前は、たまらなく不快という感じでした。(黙らせてよ親)と思ってましたので。黙らせようとして黙るものでもないんですけどね。それも解らなかったですし。赤ん坊が泣いているという状態に、慣れたんですな。

それから、入浴介助。お年寄りを風呂に入れていると、湯船のお湯が自分の足に掛かるわけですよ。それが、ナースになりたての頃は、気持ちが悪くて仕方なかったんです。何となく汚い感じがして。今ではなんとも思いません。それも慣れです。

姑のロコさんは、「年をとると子供の甲高い声がうるさくてねー。子育て中は平気だったのに不思議よね」と言っていました。たぶん、静かな環境に慣れてしまったせいだと思います。でも、ロコさん「自分の孫は別なのよ」。うーん。人間って勝手なものです。

このように、慣れていくと、空腹も慣れて平気になったり、短眠も慣れて眠くなくなったり、禁欲的に生きられるのでしょうか。そうなってみたいですが、空腹と短眠、慣れるには時間が掛かりそうな感じがします。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
退院しました
2010年12月16日 (木) | 編集 |
風邪をこじらせて7日の晩から入院していた3女、レモンちゃん(2ヶ月)が昨日やっと退院しました。

RSウイルス感染症という流行の風邪で、小さい子が重症化するのだとか。4歳と2歳のお姉ちゃん達は、1晩熱を出して、その後は咳を少ししていたくらいで、治ってしまいました。同じ風邪なのに、やはり体力の差が大きいようです。

レモンちゃんは、呼吸がゼイゼイして苦しそうで可愛そうでした。点滴と酸素マスクをして、9日間の入院。家族がずっと付き添わないといけないので、大変でした。9日間、長かったです(ToT)/~~~。4人部屋で、狭い空間で過ごすのは、実に気が滅入ります。

同室の子供達はみんな1歳以下の小さい子達で、夜中でも、いつもどこかの子が泣いているという状態で、寝苦しい事この上ないですな~。レモンちゃんが一番おとなしかった。うちの娘達は3人ともあまり泣かない、おとなしい赤ちゃんでした。(3番目はこれから泣くようになる可能性もあるかな?)えらく甲高い声で、ぎゃーっ!と絞め殺されそうな勢いで泣く子や、延々と泣いている子、普通に泣いている子色々です。甲高い子のお母さんは、もう慣れたのか普通にしていましたが、うちの子たちがあんな泣き方じゃなくて良かったなーとつくづく思いました。延々と泣いている子は、うちと同じ日に入院して同じ日に退院したのですが、泣き虫なのかいつも泣いてました。この子のお母さんは大変だろうなーと思います。

パパとトマトちゃんナスビちゃんは、保育園に通いつつも何とかやってくれました。病院が家から近かったので、夕方パパと付き添いを交代して、長女と次女に急いで晩御飯を食べさせ、お風呂に入れて、テレビを見せている間にママはそっと家を抜け出して、パパと再び交代。

そんな感じで、昨日やっと家に帰ってきて、久々にゆっくりとお風呂に入り、静かに?眠れて嬉しいです。

9日間の間に、本を4冊ほど読みました。あとは、何だかひたすら赤ん坊に乳をくわえられていただけのような。ぼーっと過ごした日々でした。

細切れ睡眠の夜が続いたのですが、3時間くらい続けて眠れた時に、妙にスッキリした感じを覚えたことがあって、(ああ、短眠法の達人は、いつもこんな感じなのかな~?)と、何となく短眠法の感覚をつかめた?のが、せめても収穫でしょうか。

そういえば、入院中に変な夢を見ました。

畑の真ん中に四角い1メートルくらいの深さの穴が掘ってあって、そこにキツネが8匹、仰向けで寝ています。土の上に寝ているのだけど、何故か全員赤い掛け布団を掛けていて、綺麗に一列に並んでいます。

その上から、おじさんが畑の土をシャベルですくって、穴にせっせと入れています。で、私がおじさんに「何をしているんですか?」と聞くと、おじさん「もう寒いからキツネは冬眠するんだよ」。私は(そうなんだ)と思うわけです。そうしている間に、全部土がかぶせられ、穴は埋まってしまいました。

後になって考えると、冬眠というより生き埋めじゃん。うーん。夢占い的には、何か意味があるのでしょうか。

今日から、またいつもの生活に戻るわけですが、市内ではロタウイルスやノロウイルスが流行っているいるようなので、油断できません。また、もらって来なければいいのだけど...。健康な正月を迎えたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。