漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おばあちゃんが来ます
2010年04月28日 (水) | 編集 |
今日の夕方から、5月の2日までおさん(ロコさん)が遊びに来ます。とっても楽しみです(^_^)。

長女の愛ちゃん(3才8ヶ月)は、何日も前から「おばあちゃん来るかなー来るかなー」と言っています。「おばあちゃんケーキのお土産持ってくるよ」とも言っているので、どうやらお土産を期待しているようです。

気の優しい元気なのロコさん。私も大好きです(^_^)。楽しい連休になりそうです。

ブログの更新は、しばらくお休みします。
スポンサーサイト
ビデオ投稿の研究中
2010年04月28日 (水) | 編集 |
今、ひそかに?ビデオをyou tubeみたいな、投稿サイトに投稿する方法を勉強中です。勉強と言っても、ネットで関連の記事を探して読んでいるだけなのですが・・・・。

無料で使える性能の良い、日本語のビデオ編集ソフトも手に入れました。無料なんて嬉しいですよね。

ちょっと思うところあって、娘達の映像をビデオ投稿サイトに投稿しようかなー、なんて考えています。you tubeでは、小さい子供や赤ちゃん、そしてペットの映像はとても多いです。もちろん、大人の人の面白映像や、自己の理論や哲学、研究をビデオで講座として発表している人などもいます。見ていると本当に飽きません。

まだ勉強は始めたばかりなのですが、うまくできると良いなーと思っています。
麺つゆ星人(@_@;)
2010年04月27日 (火) | 編集 |
いまだに、軽ーいつわりが続いている私。味の感覚が麻痺して、食べ物の味が、マズイのか美味しいのかよく解らない日々です。

そんなですので、近頃私は麺つゆブーム。

野菜をいためて(もちろん味付けなし)、肉を焼いて(これも味付けなし)、つゆを並べて「はい、好きなのかけて食べてね~(^_^)」。こんなです。

すっかり麺つゆ星人と化しています。

めんつゆと昆布つゆは微妙に味が違います。すき焼きのたれと焼肉のたれも味が違います。振り掛けるだけで調味がおしまい。なんて楽なんでしょう。クセになりそうです。

めんつゆ色々
趣味は子供
2010年04月25日 (日) | 編集 |
先日、他の人のブログを適当に見ていましたら、「趣味 子供」と書いている主婦の人のブログを見つけました。

その人は、男の子二人のママで、趣味子供達を見ることだそうです。なんだかスゴイな~、と感心してしまった私です。その人は、「子供が0歳~3歳までの一番可愛い時期に、保育園など他人に預けて、親が育てないなんて、もったいない」という事も書いていました。私とは正反対の考えです。私は「子育てが苦手な私が、保育園など他人の手を借りながら子育てするのは当然」という考えの持ち主なので(^_^;)。

でも、そんな考え方の違う人でも、「趣味 子供」ってのは、中々良いなーと思った私です。私はもちろん、趣味 子供ではありませんが....。

苦手なことをあえて趣味にする、ってのはアリだと思うのです。ゆうこりんことタレントの小倉優子は、昔、テレビ番組で料理をして、それがあまりに下手で、恥をかいたそうです。そこから、一念発起した彼女。料理趣味にして、見事苦手な料理を克服。今では料理が大好きだそうです。

それから、ある、数学検定が趣味だとういう人の話。その人は学生の頃、数学が苦手で苦労したそうです。なので、大人になって、苦手だった数学にもう一度トライ。という事で、数学検定を趣味に。今では数学が大好きになりましたとの事。

私もこれからは、「趣味は子供料理」で行きたいと思いました<笑>。
廃墟の魅力
2010年04月24日 (土) | 編集 |
廃墟って、私好きなんですよ~。といっても、廃墟めぐりするほどのマニアではありませんが・・・・。うちには「ワンダーJAPAN」(廃墟写真集)があります。それをじっくり見るのが好き。

先日テレビで、軍艦島というのをやっていました。長崎にある海底炭鉱の島で、昔はそこで石炭を掘るために、小さな島に工場や団地や学校、病院などが建てられ、人々が実際に生活していたそうです。昭和47年に閉山して無人島になり、当時の建物がそのまま廃墟として残っているのだとか。テレビで見て、うわー、すごいなー、行ってみたいなーと思いました。

廃墟のなんとも言えない、侘(わび)しさ寂しさというのが好きなんです。夏草や つわものどもが夢の跡 なんて感じじゃないけど、昔そこで人々の生活があって、笑ったり泣いたりさまざまな感情があって、その息吹を今でもフッと感じたりする時の、胸がトクッと高鳴るような感じが好きなんです。

ポンペイの遺跡やマチュピチュ、三内丸山遺跡なんかも、いつか実際に見てみたいと思っています。テレビの映像を見ただけでも、なんだか涙が出そうになる、古代の人々の生活の跡。実際その場に立ってみた時、どんな感じを受けるのでしょうか?

無痛分娩で思うこと
2010年04月23日 (金) | 編集 |
長女を妊娠した時に、産科のクリニックに行ったのですが、そこで私は「このクリニックで無痛分娩って出来ますか?」と聞いたことがあります。正直言って、お産は痛いと聞いていたので、かなりビビッていた私です。「鼻からスイカを出すくらい痛い」のだとか(@_@;)。ありえんだろ、それ。そんな痛いなら、無痛分娩なら痛くないかなー、なんて思ったのです。

でも、そこのクリニックでは無痛分娩はやっていなくて、私も(まあいっか)と思って諦めたのです。

私の知人で、無痛分娩で出産した人がいます。すごいお金持ちの家の娘さんで、彼女が出産したクリニックは、有名人などが出産するという、都内でも評判の所だそうです。で、その出産費用が100万円超えたのだとか(@_@;)。ひぇぇえ~!まぁ、特別室の室料も込みですが。

無痛分娩は、費用がとても高いというのは知っていた私。でも、もの凄く痛い思いをするくらいならば、高額の費用には変えられないか? なんて思ったり、やっぱり100万円とか掛ったら勿体ないよな~と思ったり、少し悩んだ時期もありました。

で、いざ出産。普通分娩で。初めての子なのに、5時間ちょっとで生まれてしまいました。痛みは、もちろん痛いですけど、想像していたほどでは無かったのです。誰だよ、鼻からスイカなんて言った奴(-_-;)。医者から、「超安産でラッキーだったね」なんて言われました。その時、(こんなにすんなり出てくるなら、無痛分娩を選ばなくて良かった(^_^))と思ったのでした。

そして、次女は2時間ほどで生まれました。どうやら私は安産タイプなようです。ありがたや~。

無痛分娩で産んだ人の話では、子供が大きくてすごく時間が掛ったので、無痛じゃなかったら大変だっただろう、だとか、無痛じゃなかったら帝王切開だっただろう、と医者に言われたなんて人もいるので、無痛分娩のほうが確実に良いという人もいるようです。

私的には、無痛分娩だろうが自然分娩だろうが帝王切開だろうが、ミルクだろうが母乳だろうが、保育園だろうが幼稚園だろうが、そんなことはどうでもいいじゃない、と思うのです。そこの家庭事情に合っていて、母子ともに幸せな選択が出来れば、どれが悪いってことは無かろうと。

ともあれ、私は3人目の子に無痛分娩は、選ばないと思います<笑>。
ファンタのCM
2010年04月22日 (木) | 編集 |
ファンタの新しいCMを見ました。マーティーフリードマンタカミー、綾小路翔、曙も出ています。とっても妙なメンバーで面白いです。

私は高見沢俊彦(とALFEE)、マーティーフリードマンが好きなので、今後のこのシリーズが楽しみです(^_^)。楽曲が無いバンドだそうですが、今後曲ができたりするのかなぁ。

それにしても、タカミーがCM出演って珍しいですよねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。