漫画オタで、看護師で、ママ。そんな忙しい主婦の独り言です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男女逆転吉原遊郭ってどうなんだ??
2010年09月29日 (水) | 編集 |
コマーシャルで予告編を見ました。なんだか、トンデモな感じの映画です。

吉原遊郭が男女入れ替わった男遊郭で、将軍が柴崎コウ。うーん、女将軍徳川吉宗(柴崎コウ)につかえる、美少年の数々。そして禁断の恋。見てみたい、気もする...(*^。^*)。

美少年が和服着ているだけでも、何だか幸せな私です(^_^;)。それが大奥!? 何ですか、ハーレム? BL

レンタルDVDが出たら、早速チェックだ。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
ハナミズキ
2010年07月11日 (日) | 編集 |
一青ヨウの曲に「ハナミズキ」というのがあります。

先日、テレビを見ていたら、この曲をイメージした映画の宣伝をやっていました。主演は新垣結衣。

私は一青ヨウの曲が好きで、特に「ハナミズキ」は、独特のムードがある美しい曲なので大好きです。よく、結婚式で歌われる曲だそうですね。

でも私の中では、「ハナミズキ」って、なぜか禁断の愛の曲なんです<笑>。歌詞から、どうしても禁断の兄妹愛を想像してしまいます。兄19歳、妹16歳。兄は大学に通い始めています。季節はハナミズキの咲く春で、この美形姉妹、つい先日、関係を持ってしまったんです。強く惹かれあう二人ですが、兄はこの禁断の愛を断ち切りたいと願っている.... というのが、ハナミズキのマイストーリー。

みんなから、それ違うだろ!ってツッコまれそうですが....。

あと、THE ALFEE の「FLOWER REVOLUTION」は、私の中では、ホモの曲(@_@;)。薔薇の咲く美しい館に住む、初老の金持ちの美しい男と、若い使用人達(20台前半くらい)の禁断の愛のストーリーです。ウルトラマンメビウスのテーマは、私的には、究極のエコソングだし、勝手に色々な曲にテーマやストーリーを持たせて、「何々のテーマ」と想像して楽しんでいる私です。

意味深い歌詞の美しい曲、「ハナミズキ」が一体どんな映画になったのでしょうか。ちょっと気になっている私です。
アバター3D 見てきました & 後志(しりべし)地区の空洞化を思う
2010年06月27日 (日) | 編集 |
小樽の映画館に、ついにアバター3Dが。

というわけで、一度見てみたかった3D映画を見てきました。子供達は保育園です。

ワーナーマイカル、小樽にはもったいないほど綺麗で立派だー(@_@)。採算取れるのか心配になりました。平日の昼間とはいえ、お客さん20人くらいしかいなかったし。なので、私は一番見やすそうな席に勝手に移動して、ベスト?な席で映画を独り占め。だって、ほかのお客さん、なぜか皆一番後ろのほうの席に固まって見てるんですよね。すいているんだし、見やすい前のほうに移動してくればいいのに。まぁ、お菓子をバリバリ食べながら見るには、後ろのほうが落ち着くかもしれませんが。

はじめて見た3D映画、確かに奥行きありました。でも何だか、期待していたほどではなく、コンタクトレンズを付けていったのですが、3Dメガネの焦点が何となく合いづらく、目がとっても疲れました。一番良い席で?見ているにもかかわらずです。これが、横のほうの席だったりすると、もっと見づらそうです。むしろ2Dの方が絵の輪郭がくっきりしていて、映画の壮大さが伝わるんじゃないだろうかという感じがしました。ストーリーはなかなか面白かったです。人間って愚かだなーと思いましたよ。自然は大事にしなくっちゃです。

次に3D映画が来ても、私は2Dで見たいような気がしました。

そうそう、マイカルもそうですが、後志地方の空洞化が気になるところです。地元のラジオで散々言われている、後志地区の空洞化。そして、少子高齢化。小樽市内の小学校や公立保育園のいくつかは、近年中に閉鎖の計画が出ているのだとか。
ウイングベイ小樽も、人口に対して大きなショッピングモールを作りすぎなんじゃないかという気がします。だって、もしも実家のある東村山に、同程度のショッピングモールが出来ると聞いたら、「大丈夫か?採算取れるのか?」と思いますもの。そして、東京都下のベッドタウン東村山周辺と比べても、後志地区の方がもっと人口は少ないのです。まぁ私がそんな事を心配しても、どうなるものではありませんが。とりあえず、保育園は地区によっては定員割れしているので、追い出されることは無さそうです。
録画していた失楽園を見ました
2010年02月08日 (月) | 編集 |
以前映画館で見たことがある映画ですが、先日テレビでやっていたので、久々に録画してみてみました。渡辺淳一原作「失楽園」。

ちょうど私と同じ位の年齢の主人公、凛子です。私だったらあの状況で心中するかなぁ~。と考えてみると、絶対に死ないような気がします。

女としてまだ美しい姿の時に、一番幸せな時に人生を全うしたいというのは、まぁ美学としては解る気がしますが、私は欲深いので、おばあさんになって衰えてきても、もっと俗な世界を楽しみたいですね~。

だって、マクドナルドの新作バーガーが、これからも出るかもしれないし、マルちゃん「あんかけ焼きそば弁当」以上の傑作が発売されたらどうするよ?。死んだら食えないだろう<笑>。

もっともあの人たちは、クレソンとカモのお鍋に、シャトーマルゴーというような食生活の人達なので、マックのニューヨークバーガーなんて、食べようとも思わないのかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。